リハビリ出勤までの準備|うつ病の原因や症状について知る|様々な診断方法や治療方法
女性

うつ病の原因や症状について知る|様々な診断方法や治療方法

リハビリ出勤までの準備

婦人

うつ病を患ってしまった人の中には、症状が良くなってきたため早く社会復帰したいと考えている人が少なからずいるかと思います。しかし、焦ってすぐに社会復帰してしまうことは、お勧めできません。復職を急ぎすぎてしまうと、それだけうつ病の再発リスクが高くなってしまうのです。再発してしばった場合、治療は再び振り出しに戻ってしまうでしょう。そういったリスクを避けるためにも、社会復帰は焦らない方が良いのです。何事も、しっかりと準備を整えてから挑むことが大切になります。ここでは、うつ病を患った方が社会復帰する際の準備ポイント及び注意点について知っていきましょう。

うつ病を患っている方が社会復帰する際には、まず復職タイミングの自己チェック方法について知っておくことが大切です。その自己チェック方法というのは、「朝、無理なく起きられる」「昼寝をせず起きていられる」「食事・睡眠がきちんと取れている」等のポイントになります。その他にも、「長時間の作業に耐えられる」「仕事をしたい・できると思える」「毎日散歩に出かける等、軽い運動ができる」といったポイントが挙げられます。それらのポイントを全て満たしていれば、主治医に社会復帰を相談してみると良いでしょう。もし、主治医からの社会復帰許可が出れば、家族の方も安心して送り出すことができます。何より、そうすることで自分自身も自信を持つことができるはずです。

復職タイミングのチェックポイントを全て満たしており、主治医に復職許可を得たからといってすぐに完全復帰できる訳ではありません。まずは、リハビリ出勤として、徐々に環境に慣れていく必要があります。そのためには、主治医や家族だけでなく、職場の上司、責任者の協力も重要になるのです。しかし、職場の上司や責任者の方のというのは、基本的に忙しい時間が長いため、できる範囲で少しずつ協力してもらうようお願いしましょう。リハビリ出勤のポイントとしては、まず会社に行くことだけを考えて動くことが大切になります。次に、自分自身の体調にも気を配らなければなりません。自分自身の体調を把握し、上司や責任者と相談して勤務日数・時間を調整してもいましょう。最後に、特に大切なポイントとして「焦らない・無理をしない」といったポイントが挙げられます。何事も、ゆっくりと確実に進めていくことが大切なのです。もし、すぐに出勤することに対して不安を抱えているのであれば、図書館で練習してみると良いでしょう。朝、通勤する時間帯に起床し、通勤する時と同じ格好をして、同じように電車に乗って図書館へ向かいます。そして、図書館に到着した後には午前中いっぱい仕事関係の書籍を集中して読むのです。これを1週間または2週間続けることができれば、リハビリ出勤を開始しても負担になることは無いでしょう。