自分の心と対話していますか?

うつ病の原因や症状について知る|様々な診断方法や治療方法

光トポグラフィー検査とは

医者

従来、うつ病と診断するための判断材料はカウンセリングによって得られる主観データによるものだけでした。近年では、そういった主観データに加え、光トポグラフィー検査によって血流パターンによる客観的データも判断材料として得られるようになったのです。

もっと詳しく

うつ病に掛かり易い個性

女の人

人にはそれぞれ個性があり、その一つに「メランコリー親和型」と呼ばれるものがあります。メランコリー親和型の人というのは、真面目で几帳面、責任感が強く、完璧主義といった個性で、うつ病を患いやすい傾向があるのです。

もっと詳しく

正しい知識を身に着ける

婦人

うつ病というのは、落ち込んだり不安を感じたりしている状態が継続してしまう状態のことを指す精神障害です。この精神障害が現れると、食欲や睡眠欲、性欲等も減少し倦怠感が抜けず、頭痛や発熱といった身体的症状も現れます。数多くの人の中には、うつ病に対して「心の弱さ」であったり、「本人の甘え」であったりと考える人が少なからずいます。しかし、それは間違った考え方なのです。この精神障害には原因があり、治療法も存在します。つまりは、治すことのできる「病気」なのです。ただ、うつ病という精神障害が広く知られたのは最近のことであり、正しい知識が認知されていないためにそういった誤解が生まれてしまっています。ここでは、うつ病に関する正しい知識について知っていきましょう。

最初に、うつ病を患った際に現れる症状について記載していきます。その症状というのは、基本的に精神面に発生するのです。例えば、上記で上げた気分の落ち込みを含め、今まで好きだったことに対する興味・関心が無くなる、食欲不振・過食、睡眠障害、落ち着きがなくなる、疲れやすくなる、自責、集中力がなくなる、自殺念慮等の症状が現れます。ただし、この精神障害には様々なパターンがあるため、一概にそれらの症状が現れるとは言えません。また、ここに記載されていない症状が現れることもあるのです。共通している点としては、それらの症状が長期的に持続し続けるという点にあるでしょう。もし、そういった症状に心当たりのある方がいるのであれば、専門の医療機関を受診することをお勧めします。専門の医療機関というのは、精神科や心療内科です。

うつ病を患ってしまう原因というのは、明確なものではありません。ただ、脳の働きが影響しているという点に関しては分かっています。人の脳というのは未だ解明されていない点が多いため、そういった面でうつ病の根本的な原因は解明されていないのです。現在分かっている点としては、脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」や「ノルアドレナリン」の分泌バランスが崩れることによってうつ病の症状が引き起こされるという点が挙げられます。セロトニンというのは、「幸せ」を感じやすくするための神経伝達物質で、この神経伝達物質の分泌バランスが崩れてしまうと、幸せを感じられなくなってしまうのです。ノルアドレナリンに関しても同じで、分泌バランスが崩れることにより気分が上がらなくなってしまいます。それらの分泌バランスが崩れる原因は主にストレスにあると言われ、その他にも身体疾患によっても引き起こされると言われているのです。つまり、うつ病の原因となる要素は「環境要因」または「身体的要因」によって引き起こされるということになります。

リハビリ出勤までの準備

婦人

うつ病患者というのは、治療を続けていけばいつかは症状を完治させることができます。その後には、社会復帰することもできるでしょう。ただ、治ったからといってすぐに社会復帰するのではなく、しっかりと準備をした上で復職することが大切になります。

もっと詳しく

家族のサポート

看護師

うつ病の治療をスムーズに進めていくためには、患者の家族がしっかりとサポートしていくことが大切です。まずは、うつ病が治療できる病気であることを理解し、本人が安心して心身を休ませることができる環境を整えましょう。

もっと詳しく